交通

バス等の公共交通は、市民の生活の足として、特に、高齢者の身近な移動手段として欠かせないものになっています。これらの運行には、利用者からの運賃収入のほか、国や市の補助金も活用されています。
公共交通の利用は、自家用車の普及などにより年々減少傾向にあります。このままでは運行を維持できなり、大幅な見直しや廃止をしなければならなくなります。
将来の「みんなの足」を守るため、公共交通を利用しましょう。