鹿島市会計年度任用職員(商工観光課)干潟交流館勤務 募集

令和2年4月1日から干潟交流館で働いていただく会計年度任用職員(商工観光課)を募集します。

1.募集人数 干潟交流館チーフ:1人

2.受付期間

令和2年2月3日(月曜日)~令和2年2月21日(金曜日)
※ 土・日曜日および祝日を除きます。
※ 受付時間:午前8時30分~午後5時15分
※ 郵送による受付:令和2年2月21日までの消印有効

3.応募資格

  • 普通自動車運転免許を所有している人

4.業務内容

  • 干潟交流館の施設管理、運営ほか

5.選考条件

  • 有明海の生物等に関して、知識・経験・興味があり、その知識等を干潟交流館の管理運営等に生かせる人
  • ワード・エクセル等のパソコン操作ができる人

6.選考方法

受付締め切り後、一次審査(書類選考)、二次審査(面接)にて採否を決定します。
※ 一次審査通過者のみ面接日を通知し、二次審査(面接)を行います。

7.勤務条件

  • 勤務時間:午前9時~午後5時(休憩60分)週35時間(ただし、5月から10月は閉館時間が午後6時となります。)
     ※ 原則、土・日曜日、祝日および年末年始の休日は休み
  • 報酬月額:178,000円程度(時給換算:1,150円程度)
  • 期末手当:※対象の場合 本市規定に基づく
  • 通勤に係る費用弁償:※対象の場合 本市規定に基づく
  • 社会保険:健康保険、厚生年金および雇用保険あり
  • その他:本市規定に基づく

8.任用期間

令和2年(2020年)4月1日~令和3年(2021年)3月31日

9.応募手続

  • 商工観光課に備付けの「専用履歴書」または市のホームページからダウンロードした専用履歴書に必要事項を記入し、6カ月以内の本人写真を該当箇所に貼付のうえ、末尾の問合せ先へ応募してください。

※ 応募書類の返却はいたしません。

募集要領・専用履歴書

10.日本国籍を有しない人の応募資格

次のいずれかに該当する人は、応募資格があります。

  • 出入国管理および難民認定法(昭和26年政令第319号)の規定による永住者
  • 日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(平成3年法律第71号)の規定による特別永住者

※ 面接については、すべて日本語による問答となります。

11.その他

次のいずれか1つに該当する人は、応募資格がありません。

  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、またはその執行を受けることがなくなるまでの人
  • 鹿島市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
  • 日本国憲法施行の日以降において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した人

※ 応募資格の有無について後日確認する場合があります。

12.問合せ先

〒849-1312

佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1

鹿島市庁舎2階 鹿島市 産業部 商工観光課 ☎0954-63-3412(直通)

アンケート

ページのトップへ戻る