幼稚園

はじめに・・・幼稚園、認定こども園と保育所の役割

幼稚園は、子どもに適切な環境を与え、心身の発達を助長する学校教育法に基づく『教育施設(学校)』です。教育要領にのっとり、充実した幼児教育が受けられます。認定こども園は、幼稚園と保育所の機能や特長をあわせ持ち0~5歳のお子さんが通園できる施設です。0〜2歳のお子さんが通園する場合は、保育の必要性の認定を受けることが必要です。3歳~5歳のお子さんは保護者の就労状況が変化した場合でも園を継続して利用できます。保護者の所得に応じて市が定める保育料が必要です。また、子育て支援の場が用意されており、園に通っていない子どものご家庭も、子育て相談や親子の交流の場への参加など利用をすることができます。
保育所は児童福祉法に基づく『福祉施設』であり、家庭で保育ができない子どもを預かり家庭保育の一部を代行します。
幼稚園、認定こども園と保育所は子どもの集団生活の第一歩として、それぞれに役割を持って子どもを受け入れています。

幼稚園入園資格(29年度募集対象)

平成29年4月1日現在で、満3歳になる子どもから対象になります。
(なお、満3歳未満の子どもでも子育て支援制度による預かりをそれぞれの園で実施しています。)
また、学区がありませんので、どの幼稚園にも申し込みができます。

幼稚園・認定こども園申込方法

入園説明会や園内見学を通して、各園の『教育方針』『入園料・保育料』を確認し、自分の子どもに合った施設を選び、直接申し込んでください。現在、来年度の園児募集を行っています。

教育・保育時間

幼児期の『健全な心と体の発達』の観点から4時間が理想的な教育時間であり、子どもが快適に過ごせる時間といえます。また、子育て支援の見地から、長時間預かりも実施しています。(実施時間は幼稚園によって異なります。)

教育内容

文部科学省の教育要領が定める教育課程をそれぞれの幼稚園の教育方針に従って指導・展開されています。遊びを中心とした生活を通じて、身の回りの人や物と関わりながら、『健康』『人間関係』『環境』『言葉』『表現』の5領域に情操教育を含め、バランスのとれた教育を実施しています。

費用・補助制度

入園料と毎月の保育料などが必要です。金額は、園によって異なります。
保育料は、保護者の所得(市民税額)に応じ、就園奨励費補助金が国と市から交付され、保護者負担を軽減する制度があります。また、生計を一にする兄・姉を含めて第2子、第3子となる園児については、補助金額が増額され、保護者負担が更に軽減されます。(ただし、所得制限により該当しない場合もあります。)子ども・子育て支援新制度に移行した幼稚園は、保護者の所得に応じて市が定める保育料が必要です。

課外教室

英会話や音楽、体育などをもっと学びたい子どもには、課外教室を実施しています。(希望者のみ、別途費用がかかります)。実施内容は園によって異なります。

預かり保育

希望者には、『預かり保育』も実施しています。
また、夏休みや冬休みなどもありますが、この期間も『預かり保育』を実施しています。

園庭開放

子育て支援の一環として、未就園児の親子のふれあいの場を提供しています。

その他

費用や課外教室、預かり保育、園庭開放などについては、直接各幼稚園にお問い合わせください。また、幼稚園の制度に関する質問は市教育委員会教育総務課にお問い合わせください。子ども・子育て支援新制度または認定こども園の制度に関する質問は、福祉課(0954-63-2119)にお問い合わせください。

市内幼稚園・認定こども園一覧

幼保連携型認定こども園 明朗幼稚園

電話:0954-62-3645
定員/120人
保育時間(1~5歳児)/7時~19時
教育時間(3~5歳児)/9時45分~14時15分
園内見学/いつでも可
その他/ブログをご覧ください。平成27年4月1日から子ども・子育て新制度に移行し、幼保連携型認定こども園として運営しています。

鹿島カトリック幼稚園

電話:0954-62-3052
定員/130人
保育時間/8時~15時
預かり保育時間/15時~個別対応可
園内見学/いつでも可
その他/いつでも遊びにきてください。

お問い合わせ

教育総務課
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1
TEL:0954-63-2103
FAX:0954-63-2129

ページのトップへ戻る