軽自動車税の環境性能割について

令和元年10月1日から、自動車取得税(県税)が廃止され、環境性能割が導入されます。
環境性能割とは、自動車の燃費性能などに応じて、新車・中古車を問わず取得された車両(取得価格50万円を超えるもの)に対して課税され、当分の間は都道府県が賦課・徴収をします。

軽自動車税(環境性能割)の税率表

区分 税率(自家用) 税率(営業用)
電気自動車・天然ガス自動車 非課税 非課税
★★★★かつ令和2年度燃費基準+20%達成車 非課税 非課税
★★★★かつ令和2年度燃費基準+10%達成車 非課税 非課税
★★★★かつ令和2年度燃費基準達成車 1.0% 0.5%
★★★★かつ平成27年度燃費基準+10%達成車 2.0% 1.0%
上記以外の軽自動車(三輪以上) 2.0% 2.0%
  • 「平成32年度燃費基準」は、「令和2年度燃費基準」と同様の扱いとします。
  • ★★★★とは、平成30年排出ガス基準50%低減達成車または平成17年排出ガス75%以上低減達成車を指します。
  • 令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の乗用車を購入する場合は、環境性能割の税率1%分が軽減されます。
  •  環境性能割税率表PDF版(PDF354KB)

現行の軽自動車税は、「軽自動車税(種別割)」に名称が変更となりますが、税率は変更されません。

関連情報リンク

総務省:地方税制度について(外部サイトへリンクしています)

お問い合わせ

税務課
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1
TEL:0954-63-2118
FAX:0954-63-2128

アンケート

ページのトップへ戻る