戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第11回特別弔慰金)

特別弔慰金の地区別相談日程について 

 下記のとおり地区別の相談日を設定しておりますが、請求期間は令和5年3月31日までとなっております。窓口が大変混雑することが予想されますので、今般の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のご事情をご察して頂き、手続きをして頂きますよう改めてご協力をお願いします。

<地区別相談日程>

※請求は令和5年3月31日までであれば、下記以外の日程でも可能です。

地区名 相談日
鹿島地区 5月1日(金)~5月15日(金)
能古見地区 5月18日(月)~5月22日(金)
七浦地区 5月25日(月)~5月29日(金)
古枝地区 6月1日(月)~6月5日(金)
浜地区 6月8日(月)~6月12日(金)
北鹿島地区 6月15日(月)~6月19日(金)

 

制度の概要

 今日の日本の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔意の意を表すため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金を支給します。

 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金(第11回特別弔慰金)パンフレット(PDF 207KB)

支給対象者

令和2年4月1日(基準日)時点で「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給します。

 1.令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方

 2.戦没者の子

 3.戦没者等の①父母、②孫、③祖父母、④兄弟姉妹

 ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有している等の要件により順番が入れ替わります。

 4.上記1~3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪など)

 ※但し、戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

 

支給内容

 額面25万円、5年償還の記名国債

 なお国債の償還金は令和3年から毎年1回償還日(4月15日)以降に年5万円ずつ支払いを受けることができます。償還金の支払場所はご希望の郵便局になります。

 

請求期間

 令和2年4月1日から令和5年3月31日まで

 (この期間を過ぎると請求できなくなりますのでご注意ください。)

 

請求窓口

 鹿島市福祉課

 (お住まいの市区町村の援護担当課になります。) 

 

手続きに必要な書類

 福祉課に備え付けてある「特別弔慰金請求書」「印鑑等届出書」「戦没者等の遺族の現況等についての申立書」に加え、請求者の戸籍抄本、初めて請求者される方は戦没者の死亡当時における戦没者等と請求者との続柄を証する戸籍等が必要です(戸籍は本籍地のある自治体から取得できます。代理の方が手続きする際は委任状が必要となる場合があります。)。詳しくは福祉課までお問い合わせください。

 

請求手続きの簡素化のため「同意書」は廃止しました

前回(第10回特別弔慰金)までは同順位の方がいる場合、親族間での軋轢が無いよう「同意書」の提出が必要でしたが、今回よりその同意書は不要となりました。但し、同順位の方が複数いる場合は、お話し合いのうえ、代表して請求する方を決めていただくようお願いいたします。

 

請求の受付けから国債の交付まで半年以上かかる場合があります

国債発行手続には約3ヶ月から4ヶ月を要し、また県の審査で補正をお願いすることがあるためお時間をいただきます。審査裁定を行う都道府県(戦没者等の除籍時本籍都道府県等)と請求者の居住都道府県が異なる場合も時間がかかりますので何卒ご了承ください。

 

お問い合わせ

福祉課
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1
TEL:0954-63-2119
FAX:0954-63-2128

アンケート

ページのトップへ戻る