国の持続化給付金は農業者も対象です

農業者のみなさまへ「国の持続化給付金」のご案内

新型コロナウィルス感染症拡大により売上が前年同月比で50%以上減少している事業者に対し、事業継続を下支えするため、事業全般に広く使えるよう「国の持続化給付金」が給付されます。
農業関係の個人事業者、農業法人等も対象となりますので、該当される方は、申請をお願いします。「国の持続化給付金」は市役所等を通さず、本人が直接電子申請を行うことで給付されます。申請に対して不安のある方は、申請のサポートも受けられますので、ご相談ください。

 

1 給付対象者

新型コロナウィルスの影響を受けて、令和2年1月~12月のうち、1か月の売り上げが令和元年の同月比(もしくは令和元年の売上の月平均比)で50%以上減少した月がある方

2 給付額

【個人】100万円(上限)

【法人】200万円(上限)

※定額給付ではありませんので、ご注意ください。減収の状況に応じた給付になります。

3 申請受付期間 令和3年1月15日まで

4 給付金紹介チラシ

  農業者向け案内チラシ(PDF592KB)

  農業法人向け案内チラシ(PDF541KB)

  詳細版チラシ(PDF1.89MB)

 

申請支援について

①給付金全般に関するお問い合わせ・支援なら

持続化給付金事業コールセンター
   電話   0120-115-570
   受付時間:8:30~19:00

(6月は毎日、7~12月は土曜を除く月曜~日曜)

 

②パソコン等の環境がない、もしくはご自身での給付金の電子申請が不安な方は

持続化給付金の申請サポート「鹿島会場」

サポート会場では、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、完全事前予約制となっています。

事前予約なしにご来場されても、サポートが受けられませんのでご注意ください。

また、事前準備として必要な情報を「申請補助シート」(PDF198KB)に記入の上、申請に必要な帳簿等の資料をご持参ください。

鹿島会場:鹿島市勤労者福祉センター 鹿島市大字高津原3354(西牟田)

受付時間:9時~17時まで(土日も開設)

【予約方法】

 (1) 電話予約(自動)

「申請サポート会場受付専用ダイヤル」までお電話ください。音声ガイダンスに沿ってボタン操作することで申請会場を予約できます。その際、予約する会場の【会場番号:4105】が必要になります。

・申請サポート会場受付専用ダイヤル

      電話番号 : 0120-835-130  

      受付時間 : 24時間予約可能

 (2) 電話予約(オペレーター対応)

「申請サポート会場電話予約窓口(オペレーター対応)」にて、申請サポート会場の予約を受け付けます。

・申請サポート会場電話予約窓口(オペレーター対応)

      電話番号 : 0570-077-866

      受付時間 : 平日、土日祝ともに、9時~18時

 (3) 中小企業庁のホームページ「持続化給付金」専用ページより予約

【鹿島市の会場番号:4105】

   https://www.jizokuka-kyufu.jp/

 

③サポート窓口に行く前に、事前相談をしたい方

申請をする前に、自分が該当するか確認したい方や、必要書類がそろっているかを相談したい方は、農林水産課でも相談を受け付けています。可能な限り事前にご予約の上、来庁ください。

農林水産課 電話 0954-63-3413

【必要書類の準備にあたって】

(1)農協の青色申告会で確定申告を行っている方は、農協で必要書類の支援をしていただけますのでご相談ください。

(2)自分が確定申告か、住民税申告か分からないという方は、税務課でご確認ください。

(3)住民税申告書を持たない方で、写しが必要な方は、税務課へご相談下さい。

 

お問い合わせ

農林水産課

TEL:0954-63-3413
FAX:0954-63-2313

アンケート

ページのトップへ戻る