バリアフリー改修に伴う固定資産税の減額

新築された日から10年以上経過した住宅で、平成19年4月1日から平成32年3月31日までの期間に一定要件に該当するバリアフリー改修を行った場合、申告により翌年度分の住宅の固定資産税が100平方メートルまでを限度に3分の1減額されます。下記申請書により、必要書類を添付の上、税務課までご提出ください。

要件

  1. 65歳以上の者
  2. 要介護認定または要支援認定を受けている者
  3. 障がい者
  4. 次のような工事で、補助金等を除く自己負担が50万円以上のもの
    ・浴室の改良 ・便所の改良 ・手すりの取付け ・床の段差の解消 など

申告方法

改修後3カ月以内に減額申請書と下記の添付書類を市役所税務課に提出してください。

添付書類

1. 要件該当が、
・要介護認定・要支援認定の場合 ⇒ 介護保険被保険者証の写し
・障がい者の場合 ⇒ 障がい者手帳等の写し
2. 改修工事の内容・かかった経費がわかる明細書、領収書、写真等
3. 補助金の助成を受けた場合は、補助金などの交付・給付決定書 (居宅介護住宅改修費または介護予防住宅改修費)

 

ダウンロード様式

バリアフリー改修に伴う固定資産税の減額申請書(PDF114KB)  

 

お問い合わせ

税務課
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1
TEL:0954-63-2118
FAX:0954-63-2128

アンケート

ページのトップへ戻る