不妊治療費の一部を助成します

 

 体外受精・顕微授精の不妊治療費の一部を助成します

対象者  *(1)~(2)すべてを満たす方

(1)夫、妻のいずれかまたは両方が、鹿島市内に1年以上住民登録している戸籍上の夫婦
(2)佐賀県不妊治療支援事業の助成を受けた方
    →佐賀県不妊治療支援事業の承認決定通知書の交付を受けていること

助成治療   

夫婦間でおこなった体外受精、または顕微授精

体外受精・顕微授精による治療の一環としておこなった男性不妊治療

助成額

 医療機関に支払った額(胚管理料・入院費・食事代・証明書等文書料は除く)から、佐賀県または、他県や他市町から受けた不妊治療費助成金を差し引いた額 (1回につき10万円を限度) 

男性不妊治療を行った場合は、医療機関に支払った額(胚管理料・入院費・食事代・証明書等文書料は除く)から、佐賀県または、他県や他市町から受けた不妊治療費助成金を差し引いた額 (1回につき10万円を限度に加算)

助成期間・助成回数

佐賀県不妊治療費支援事業の助成回数に準ずる 。

申請期限

治療が終了した日の属する年度(3月31日まで)

ただし、治療終了日が2、3月の場合はその年の5月末までに申請してください。

治療終了日が2、3月になる場合は事前に保健センターまでお電話ください。

申請書類

(1)鹿島市不妊治療費助成金交付申請書

(2)鹿島市不妊治療費助成金交付請求書

(3)鹿島市不妊治療費助成受診等証明書(佐賀県不妊治療費支援事業に係る受診等証明書の写しで代用可)

(4)医療機関が発行した領収証

(5)佐賀県不妊治療支援助成承認決定通知書の写し

(6)戸籍謄本(公簿等により夫婦であることの確認がとれない場合のみ)

(7)佐賀県以外から受けた不妊治療費助成金額を確認できる書類(佐賀県以外から助成をうけた場合のみ)
 

(1)と(3)の書類は下記のファイルをお使いいただくか、保健センターにもあります。

(2)は保健センターにあります。

(3)は治療を受けた医療機関の医師に記入してもらう証明書です
佐賀県不妊治療費支援事業に係る受診等証明書の写しがあれば不要です。

(6)夫婦ともに住民票が鹿島市にある場合は不要です。

その他申請時に持ってくるもの *確認のために必要です。必ず持参ください。

・印鑑(夫婦それぞれの印鑑)
・申請者(振込先)の預金通帳

注意事項

佐賀県でも不妊治療費支援事業を行っています。
先に県への申請を済ませ、承認決定通知がきてから市に申請してください。

申請書ダウンロード

鹿島市不妊治療費助成金交付申請書(111KB)

鹿島市不妊治療費助成受診等証明書(98.6KB)→佐賀県不妊治療費支援事業に係る受診等証明書の写しで代用可

 

 詳しくは保健センターまでお問い合わせください。

 

佐賀県不妊専門相談センターでは不妊相談が行われています。
詳しくは下記の関連リンク情報をご覧ください。

佐賀県不妊専門相談センター

佐賀県ホームページ

  

お問い合わせ

鹿島市保健センター
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2700番地1
TEL:0954-63-3373
FAX:0954-63-2135

アンケート

ページのトップへ戻る