子どもの医療費助成

市内に住所を有する子どもが診療を受けた場合に、医療費の一部を助成します。
平成31年4月から、高校生などが対象者に追加されます。

0歳~中学生(入院・通院・調剤)

助成対象

・保険診療による一部負担金(2割または3割)
・未熟児養育医療や自立支援医療など公費負担医療の自己負担金
・訪問看護療養費や治療装具などの自己負担金

 ※保険診療対象外および食事療養費は対象外です。

助成内容

医療機関ごとに、ひと月あたりの自己負担額

【入院】 上限 1,000 円
【通院】 上限 500 円を2回まで(同月、同医療機関で3回目以降は負担なし)
【調剤】 負担なし 

申請方法 下記の申請方法をご覧ください。

高校生等(入院のみ)※

※就学の有無に関わらず、中学校卒業から18歳の誕生日以後の最初の3月31日までの方。
 高校生などの医療費助成については、事前に受給者登録の手続きは必要ありません。

助成対象

保険診療による一部負担金

対象となるのは平成31年4月以降の診療分です

助成内容

ひと月あたりの自己負担額

【入院】 上限 1,000 円 

申請方法 下記の申請方法の「払い戻しを受ける場合」をご覧ください。

申請方法

受給資格証を使用する場合

 医療機関窓口で「受給資格証」を提示すると、窓口負担は自己負担額となります。

  • 未就学児については、以下の県外指定医療機関で利用ができます。
    聖マリア病院(久留米市)、久留米大学病院、福岡市立こども病院・感染症センター
    佐世保市立総合病院、佐世保共済病院
  • 重度心身障がい者、ひとり親家庭等の方は、500円/月を超えて支払った場合は、各医療費助成制度による申請が可能です。
  • 災害共済給付(日本スポーツ振興センター)に該当する学校管理下でのけが等による受診は、災害共済給付金制度を優先してください。
  • 自動車事故等、第三者からの加害行為等で受診された場合は、福祉課にご連絡ください。

 以下の場合は、市の窓口で払い戻しを受けるための申請が必要です。

 (1) 柔道整復師等(整骨院、接骨院、はり、きゅう)から施術を受けたとき
 (2) 受給資格証の未提示により、自己負担額を超えて支払ったとき
 (3) 県外の指定医療機関以外で受診したとき
 (4) 治療用装具などを購入したとき

払い戻しを受ける場合

 申請期間は、医療費を支払った日の翌月初日から1年以内です。

 ① 医療機関で医療費の一部負担金(2割または3割)をお支払いください。

 ②「子どもの医療費助成申請書」に必要事項を記入し、
  領収書を添えて市役所福祉課に申請してください。
  ・領収書がない場合や保険点数が不明な場合は、医療機関から証明を受けてください。
  ・申請書は福祉課窓口で受け取るか鹿島市ホームページからダウンロードできます。

 ③ 申請書受付後、翌月25日前後に指定口座(保護者名義)に振込みます。

申請時の注意点
  • 申請書は診療月、医療機関ごとにそれぞれ1枚必要です。
  • 初めて申請する際は、通帳のコピーを添付してください(支店名および口座番号のわかるページ)。
  • 高校生等の医療費助成は、対象者(子ども)の健康保険証を持参してください。
  • 医療費の一部負担金(2割または3割)が高額療養費に係る月限度額以上の場合、加入保険で高額療養費の手続きをしてから、
    高額療養費支給決定通知書を添付し助成申請をしてください。一部負担金から高額療養費を控除して助成します。
  • 加入保険に附加給付がある場合は、一部負担金から附加給付金を控除した額を助成しますので、加入保険者にご確認ください。
  • 災害共済給付(日本スポーツ振興センター)に該当する場合、重複して受給はできません。

ダウンロード様式

子どもの医療費助成申請書(PDF形式:155 kb)

お問い合わせ

福祉課
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1
TEL:0954-63-2119
FAX:0954-63-2128

ページのトップへ戻る