藤円おこし

 

とうえんおこしの画像

職人が受け継ぐなつかしの味

明治元年頃、現店主の祖父が「飴がた」と、米・もち米を原材料にした「おこし」を作り始めて今に至ります。もち米を使った白おこしは口の中で溶け、大きめの黒糖の塊が入った黒おこしは黒糖の風味に加え食感も楽しめます。

藤円おこし(とうえんおこし)

  • 商品外観主な原材料 もち米、米、水飴、砂糖 等
  • 内容量 2枚
  • 賞味期限 約4カ月
  • 希望小売価格 432円

※この情報は令和3年9月現在のものです。掲載内容は予告なく変更される場合があります。詳しくは、直接事業者へご連絡ください。

藤円飴(とうえんあめ)

  • 主な原材料 水飴、餅飴、黒砂糖、澱粉商品外観
  • 内容量 2枚
  • 賞味期限 約3カ月
  • 希望小売価格 540円

取扱店

  • 祐徳稲荷神社門前商店街
  • 道の駅鹿島 ほか

事業者情報

  • 一ノ瀬飴屋(いちのせあめや)
  • 鹿島市大字中村 159‐3
  • 営業時間 9:00 ~ 17:00
  • 定休日 不定休
  • Tel 0954-62-3633
  • Fax 0954-62-3633

アンケート

ページのトップへ戻る