熱中症に注意しましょう!

熱中症の予防には、水分補給と暑さを避けることが大切です。

 

 

熱中症に関するパンフレット(環境省)

熱中症~思い当たることはありませんか?(PDF2.52MB)

熱中症とは?

まず、熱中症とはどんな病気でしょうか?熱中症とは、高温・多湿環境において、大量の発汗により体内の水分や塩分が失われてバランスが崩れたり、体温調節ができなくなったりする病態の総称です。初期症状は、めまいや立ちくらみなどの軽い症状のこともあり、本人も気づきにくいこともあります。ただし、適切な対応が遅れ重篤になると、命にかかわることもあるため注意が必要です。

エアコンを上手に使っていますか?

エアコンや扇風機は、温度設定に気を付けたり、体に直接あたらないよう風向きを調整すると体が冷えすぎず、快適に使うことができます。こらが使えない場合はシャワーや冷たいタオルでも、体を冷やす効果があります。

部屋の中なら大丈夫?

熱中症は、室内や夜間でも多く発生しています。すだれやカーテンで直射日光を遮る、換気をして屋外の涼しい空気を入れる、必要に応じてエアコン等を使用するなど、部屋に熱がこもらないよう、心がけましょう!

お問い合わせ

鹿島市保健センター
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2700番地1
TEL:0954-63-3373
FAX:0954-63-2135

アンケート

ページのトップへ戻る