がん患者アピアランスケア支援事業

医療用ウィッグや乳房補正具の購入費用を一部助成します。

 鹿島市では、がん治療に伴う脱毛や乳房切除により、医療用ウィッグや乳房補正具等を購入された方へ、一部購入費用の助成を行います。

助成の対象となる人

 次のすべてに該当する人が助成対象となります。

  1. がんに係る医療を現在受けている人、または過去に受けていた人
  2. 申請日において鹿島市に住民票がある人
  3. 鹿島市税等の滞納がない人
  4. がん治療による脱毛及び乳房の切除に伴い、補正具等を購入している人
  5. 当該年度において、他市町から同種の助成等を受けていない人

助成の対象

補正具の種類 助成対象
  医療用ウィッグ      

がん治療に伴う脱毛に対応するために一時的に着用するウィッグ

【注意】付属品やケア用品(シャンプーや専用ブラシ等)といったウイッグを装着する際に身に着けないものは対象外。

乳房補正具

手術による乳房の形の変化に対応するための補正下着、補正パッド及び人工乳房(乳房再建術等によって体内に埋め込まれたものを除く。)

【注意】入浴着(バスタイムカバー)は対象外。

※医療用補正具等の購入に際し必要となる送料、手数料及び診断書の発行手数料も助成対象です。

助成金額

助成金額購入費用の1/2の額(1円未満切り捨て)

上限額:(医療用ウィッグ)1年度につき20,000円

     (乳房補正具)1年度につき20,000円    

・上限額に達するまで申請をすることができます。

再購入などの場合、毎年度助成可能です

申請期限

補正具購入日の翌日から1年以内

申請方法

以下の申請書類を添えて鹿島市保健センターへ持参または郵送にてご提出ください。

①鹿島市がん患者アピアランスケア助成金交付申請書兼請求書(様式第1号)

 ・鹿島市がん患者アピアランスケア助成金交付申請書兼請求書(様式第1号)を印刷して記載してください。押印が必要です。

 ・記入例は、こちらをご覧ください。

 ・【注意】交付申請書兼請求書の右上の日付は記載しないでください。

②がんと診断されたことがわかる書類 または がんの治療を証明する書類(写し可)

 例)診療明細書、お薬手帳、入院治療計画書、手術同意書など

 ・証明する書類がない場合は、がん患者補正具等に関する証明書(参考様式)を医療機関に記入してもらい、ご提出ください。

③医療用補正具等の購入にかかる領収書(写し可)

 必要事項:宛名(フルネーム)、購入日(発行日)、購入金額、金額内訳、領収書発行者の名称及び住所の記載が必要です

 内訳の記載がない場合は、納品書など内訳がわかる書類を添付してください。

 ・ネットで購入された場合は、必要事項が記載されている画面を印刷して添付してください。

④振込先の口座番号がわかるもの(通帳の写し)

 金融機関名、支店名、預金種別(普通・当座)、口座名義人、口座番号が分かるページの写しを提出してください。

⑤委任状(申請者と振込先の名義が異なる場合)

 委任状

 ・【記入例】委任状

⑥本人確認書類

 ・運転免許証、健康保険証などをご持参ください。郵送の場合は、写しを同封してください。

申請後の流れ

 申請書類提出➡審査➡交付決定通知書送付➡助成金の振込み

関連ファイル

 ・医療用ウィッグ、乳房補正具の購入費用助成について(チラシ

 ・鹿島市アピアランスケア助成に関するQ&A

お問い合わせ

鹿島市保健センター
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2700番地1
TEL:0954-63-3373
FAX:0954-63-2135

アンケート

ページのトップへ戻る