蓮厳院(れんごんいん)

蓮厳院9世紀末に創建された真言宗御室派の寺院です。戦国の兵火によって建物は一度消失しましたが、阿弥陀如来2体と薬師如来1体が残されており、全国でも数少ない定朝様式の仏像で、国の重要文化財となっています。平安時代末期の作で、12世紀頃にこの地に花開いた一大仏教文化の証です。地元出身の画家で雪舟の後継者「雲谷等顔」(うんこくとうがん1547~1618年)を紹介する石碑があります。


お問い合わせ

商工観光課
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1
TEL:0954-63-3412
FAX:0954-63-2313

ページのトップへ戻る