旧乗田家住宅(きゅう のりたけじゅうたく)

旧乗田家鹿島鍋島藩に仕えた武士、最所家から乗田家に所有が移った、数少ない武家屋敷の遺構です。19世紀初期の建物であり、市の重要文化財指定を受けています。佐賀県には特徴的な「クド造り」の茅葺屋根ですが、一般的なコの字ではなく、一部が張り出たユの字型の形状をしています。建物は質実で武士らしい表空間が見られる一方で、畑地や比較的広いドマがあり、養蚕を行っていたことも推定されます。これは兵農未分離が特徴であった、在郷武士の生活状況を良く伝えています。


お問い合わせ

商工観光課
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1
TEL:0954-63-3412
FAX:0954-63-2313

ページのトップへ戻る