外国人住民に関する届け出

平成24年7月9日に現在の外国人登録制度が廃止され、新しい在留管理制度が導入されました。制度改正による主な変更点は以下のとおりです。

  1. 外国人登録証明証が「在留カード(中長期在留者の方)または特別永住者証明書(特別永住者の方)」に変更になります。カードに記載される氏名は、原則アルファベット表記となります。「通称名」については、住民票に記載されます。漢字圏の方は、簡体字・繁体字ではなく法務省が定めた正字に置き換えられます。現在お持ちの外国人登録証明証は、一定期間「在留カード・特別永住者証明書」としてみなされますので、すぐに換える必要はありません。 ※中長期在留者は、適法な在留資格を有し、在留期間が3カ月を超える方(特別永住者を除く)を言います。
  2. 外国人住民(中長期在留者の方、特別永住者の方)にも住民票が作成されます(これまでは、外国人登録原票記載事項証明書を発行していました)。
  3. 市外へ住所を変更される時は、「転出証明書」が必要になります。今までお住まいの市役所にて転出証明書の交付を受け、転入先の役所(役場)に転出証明書と在留カード(または特別永住者証明書)を持参され、転入手続きを行ってください。
     

お問い合わせ

市民課
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1
TEL:0954-63-2117
FAX:0954-63-2128

ページのトップへ戻る