ミツバチの分蜂について

 春から夏にかけての時期に、庭木や軒先などに、何十匹ものミツバチがかたまっていることがあります。これは、分蜂(ぶんぽう)といって、ミツバチの巣別れ(引越し)です。

 ミツバチの巣は、一匹の女王バチと複数の働きバチから成り立っています。一つの巣に新しい女王バチが生まれたとき、古い女王バチが巣にいる働きバチを連れて集団で引越しをします。これを分蜂といいます。ミツバチなどの社会性昆虫にとっては、群れを増やす方法として、分蜂は重要な役割を果たします。

 一度にたくさんのハチがかたまっているので、心配になるかと思いますが、特に人が危害を加えなければ、ハチが人をさすことはめったにありません。また、ミツバチがかたまっている場所に巣を作るのではないかと心配になるかもしれませんが、ミツバチは基本的に木の穴や軒下といった雨風が当たらないところに巣を作るため、巣に適したところを見つければ、数時間から1週間ほどでいなくなります。

 現在、ニホンミツバチの生息数が減少しています。庭木などで分蜂を見かけたら、周囲の巣をつくりそうな箱などを片付け、むやみな駆除等を行わずに様子を見ていただくようにお願いします。

お問い合わせ

環境下水道課
〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2643番地1
TEL:0954-63-3416
FAX:0954-62-3717

アンケート

ページのトップへ戻る